リバコン塗布工法

■概要
リバコン塗布工法は、コンクリート表面に塗布することで触媒生化合物が躯体奥深く浸透し、コンクリート内部の空隙やひび割れなどの欠陥部にセメント結晶を生成し、躯体内部を緻密化させるコンクリート改質剤です。これによりコンクリートへの様々な劣化要因(中性化、塩害、アルカリ骨材反応等)からコンクリートを保護しその耐久性を向上させるとともに、躯体防水としてもその効果を発揮します。

■特徴
○コンクリート深部までセメント結晶を生成するので、改質効果が0大幅な向上。
○下地処理がコンクリート表面の清掃のみなのでコスト削減に寄与。
○リバコン塗布後の散水養生が不要なため、工期の短縮可能。
○施行後のコンクリート表面に残渣が発生しないため、仕上材を自由に選択可能。
○触媒性化合物が恒久的に作用しセメント結晶を生成し続けるため、施行後のメンテナンスが不要。
○構造物の種類や施行条件に適合した工法を選択可能。
○環境に優しい安心、安全なエコ材料。


images1

PICK UP

    低床型頭部保護材「UFOキャップ」

    Exif_JPEG_PICTURE低床型頭部保護材       UFOキャップ

    GF式(ロープ付)鉄筋挿入工

    pickup_img5のり面・斜面の安定化を図る工法。ロープを展開することで斜面の崩壊防止を行う。

    抑止アンカー工

    pickup_img4グラウンドアンカーは、引張力を地盤に伝達するためのシステム。


PAGE
TOP